IMG_3104
今更ですが、今年も6月末にライザップグループの株主総会があります。これを十分楽しむために、2017年度の株主総会について振り返ってみます。

注意する点は次の点です。

1、開場の十分前に会場に行く
2、お土産もあります。
3、株主総会の時間は長い
4、懇親会で軽食を食べるなら席は出口に近いところに

順番に説明します。

1、開場の十分前に会場に行く

ライザップグループ株主総会

去年は新宿の大きなホテルの大きなカンファレンスルームが株主総会の会場でした。
でも、株主全員が株主総会の会場に入りきれず、第2会場でテレビで見た方もいるようです。

せっかく、株主総会に行って、総会の会場に入れないのは残念です。

できれば、前の方に座って、いい席で、瀬戸社長の話を聞きたいと思います。

では、どのくらい前に行けばいいかです。

昨年(2017年6月)は9時受付開始、10時スタートでした。

わたしが9時の10分前ぐらい前に行った時には、20人ぐらいの株主の方が受付に並んでいました。
十分前の席に座りたい方は9時前に行くことをおすすめします。

2、お土産について

ライザップグループ株主総会お土産

最初にペットボトルの水(ライザップウォーター)とどろあわわがもらえて、帰る時にライザップの関連フードがもらえました。

以前はどろあわわをもらったこともあります。
今年は何がもらえるでしょうか?

3、株主総会の時間配分です。

9時スタート
10時株主総会開始です。
瀬戸社長から業績の説明があり、株主からの質問があり、瀬戸社長が答えて行きます。
質問が終わった時点で、最終的に議案の採決を行います。

質問はキリがありません。
12時近くになったり、12時すぎたりすると、
そろそろ終わりにしたい、みたいな空気が流れてきます。
それでも質問したい方はいると思います。

12時過ぎたころには、質問を終わらせて、議案の採決を行い、終わらせると思います。

懇親会について

株主総会の後に懇親会が用意されています。

今まで、わたしが株主になって6年ぐらいですが、今まで全部懇親会が用意されていたので、2018年も用意されていると思います。

軽食に飲み物(ビール、ウーロン茶など)が用意されています。

軽食は寿司、オードブル、サンドイッチなどです。

残念ながら、人数に対して十分用意されているとは思えません。

ここで、食事をとりたい方は出口近くに座っておくことをおすすめします。(笑)

株主総会の会場から懇親会の会場までスムーズに移動するためです。

株主総会の会場は広い会議室なので、奥に入るとなかなか外に出られません。

ライザップグループ株主総会懇親会

寿司とは取り合いになる可能性があります。

気が小さい方は食べれない可能性もあります。

懇親会会場も複数個ありました。

人気は瀬戸社長と話ができる懇親会会場です。

ここは人が多く集まります。

ライザップグループ株主総会懇親会

1時間から1時間半ぐらいは瀬戸社長との質疑応答ができると思います。

会場にはライザップグループの取締役、社員の方がおり、その方ともお話ができます。

昨年なら、イデアの森社長、マルコの岩本社長いました。

(両方ともライザップグループの役員でした。)

役員の方はけっこうヒマそうでした。

連絡係の社員の方がいて、●●さんと話がしたいと言えば、呼んでくれました。

例えば、わたしが夢展望の濱中社長と話がしたいと言ったら、濱中社長に携帯で電話をしてくれました。

濱中社長はライザップグループの株主総会の会場のいるはずだと言っていましたが、連絡はつかなくて、話をすることはできませんでした。

新 将命さんもいることがあるので、お話できたらいいなと思います。

それ以外にもライザップの社員さん、

(例えば、広報広告担当の渡辺さん、人事担当の岩森さん、ライザップトレーナーの幕田さんなど)

がおりましたので、いろいろ具体的な話も聞けるかと思います。

ということで、今年2018年のライザップグループの株主総会にはぜひ行きたいと思っています。