10:00~12:00まで代々木公園でミット打ちをしてきました。
メンバーは
箕輪編集室、
西野亮廣エンタメ研究所の運動部、
朝渋(http://asa-shibu.tokyo/)のメンバーでした。

ミット打ちメンバー
この写真の後、もう一名遅れてきました。

ほとんど面識がない方です。
その上、僕よりはるか若い方でした。子供の年代です。

日曜日の代々木公園はカオスです。

我々の周りを見ても、寒い中ヨガをやっているグループが2グループ、3名で大縄跳びをやっている方、ジョギングをしているくらいは普通です。

代々木公園ヨガをやっている

幹事の方の1名はスポーツ関係のメディアの会社で働いていたようですが、会社が倒産しそうになって、今は、マイナースポーツをやっているようです。

マイナースポーツのイベントを企画してやっていくと、いろいろなところ(会社さんなど)から声がかかるようです。

さて、我々もミット打ち。

代々木公園ミット打ち

代々木公園ミット打ち

代々木公園ミット打ち

それなりにみんな体力があって、パンチもキックも破壊力があります。

僕はパンチより、キックが好きなのでキックを

30秒もやるとキツイです。

パンチも腰の回転がしんどいです。

若い子はスタミナや体力があっていいなと思いました。

若い方と公園で体を動かすのはいいなと思いました。

終わった後は、マイナースポーツについてお話を聞きました。

次はセパタクローに行くと言っていました。

セパタクローは聞いたことがなかったのですが、こんなスポーツです。

トップレベルの方はかなりレベルが高いようですが、初心者は簡単なところから楽しめるようです。

こんなマイナースポーツ(B級スポーツ)をやるメリットは

・初心者が多い、初心者の参入障壁が少ない

・比較的簡単に活躍できる可能性がある。(野球なんか素人だと全然相手にされないので)

・勝つことより楽しむことに重点がおかれる

などです。

これからはマイナースポーツの観戦などもやってみたいかなと思いました。