9時54分 事務方入場
9時57分 アナウンス、録音撮影は遠慮すること
9月59分 社長、役員、監査役入場(10名、男性8名、女性2名)

まず、社長あいさつ
株主、議決権の案内

モニターをつかって、スライド、ナレーションで説明

韓国のGDPの成長は順調、韓国からのインバウンド客も増えている
ハナツアージャパンでは九州、大阪、北陸、北海道を中心に展開している。

◆状況

1、バス事業
九州、大阪、北海道で展開
九州が好調

貸切バス・・・きびしい
沖縄で24台新規購入で124台に
維持コスト大、
減価償却費大
運転手の増えたのでコスト増

2、免税販売店
札幌好調

3、ホテル
Tmark Hotel札幌好調
稼働率、単価向上している。

4、その他
レンタカー17台新車を入れる
車両維持費増加
ハナツアーベトナムの開業費用

◆対処すべき課題
1、競争が厳しくなる

ライバルは
・大手旅行会社
・オンラインの旅行会社
・中国の旅行会社の日本進出
・バーチャル旅行などの新サービス

競争力のある魅力ある商品づくり
提携先と関係性を強化して、オリジナリティのある商品づくりを

2、FIT商品拡大

中長期は個人向け商品を拡大していく
自社サイトの商品アイテムの拡大

3、免税商品店
競争が厳しくなっていく、
差別化をしていく

4、バス事業
稼働率の平じゅん化を
バス不足で機会損失がないよう
いろいろな提案をして、需要時期を平じゅん化していく

5、バスの安全運転

6、ホテル等の施設運用事業の基盤の確立

7、旅行事業の関連事業の拡大
レンタカー、貸切バス

8、新規マーケットの拡大
ベトナム、タイ、インドネシア、中国、インド

アジア、欧州にも営業所の新設を考える

9、人材

10、内部管理体制の強化

◆質疑応答

●成長戦略について
御社は実質無借金状態であり、どのように投資をしていくのか

2020年、2030年に向けて拡大してく
ホテル、バス、免税店、観光タクシーなどを中心に投資していく

●2018年度の売上予想が10%増が前年と比べ少ないのではないか

今年度は新人を多く採用した、まず中をかためないといけない、
観光業は人材がすべて

2017年は2016年の熊本地震の反動があった

●今後の見通しについて
2020年の訪日外国人数4000万人は通過点
国は
2030年訪日外国人数6000万人、消費額15兆円を予想している。
韓国から日本の地方都市、22都市に定期便が飛んでいるこれをうまく利用したい

インド、インドネシア、タイ
食べ物の好き嫌いが国によって違う、
これを調査中、
2、3年後を見据えて、やっている。
営業拠点を設けたい

●アウトバウンドはどう考えている
オンラインの旅行会社を使った、アウトバウンドの提案を考えている

●配当金
(事務方から紙がくる)
株主には業績による適正な還元を考えている

●分割について
今のところは考えていない

●親会社の業務分担、人材の交流について
ハナツアージャパン 日本国内の商品の提案、運用
ハナツアー(韓国)飛行機の手配、商品の販売

人材交流、一部の役員を派遣してもらっている

◆取締役の紹介

以上