昨日、株式会社パスポートの2017年の株主総会に行ってきました。

確認したかったことは次の2点です。

1、業績回復の本気度

2、株主優待の拡充の期待度

まず、業績回復の本気度について、

ライザップグループの5月17日のアナリスト向け説明会資料の11ページでは
パスポートの前期実績⇒今期計画は

▲5.5憶円⇒3.0億円に黒字転換になっています。
このあたりがどうなのか聞いたのですが、
今年はこれから膿を出し切ると言っていました。(水野社長談、当時)

おいおい、まだ膿を出し切ってないのか、、、、
と、思ってしまいました。

ライザップグループとの協業や、新たに高利益の商品がみつかったりと、
黒字転換は絶対に約束はできないものの、
大丈夫そうだと語っていました。

しかし、聞いた感想としては、これからかな
(つまり、黒字転換はあくまでも計画で、確実ではないな)とおもいました。

まあ、これからの業績改善に期待したいところです。

尚、この水野社長は業績が悪かったことの責任で、昨日付けで退任、新社長は柘植 圭介さんになるそうです。

昨日は、柘植 圭介さんの取締役の就任の紹介がありましたが、新社長になることは一言も言われておらず、
柘植 圭介さんの新社長の意気込みの表明などもなく、このあたりも、業績が怪しいなと感じる、一因です。

2、の株主優待の拡充については

『ライザップグループの優待の導入の検討にはいりつつあると聞いている』と回答がありました。

まあ、黒字になったら、やると思います。

個人的な意見ですが、来年の5月の決算発表の時期ではないかと思っています。

本年度の4分の3四半期が終わり、黒字化していて、

優待拡充が未発表なら、5月の決算発表時にあるかと、、、

本年度の4分の3四半期が終わり、まだ赤字なら、、、、

来年の優待拡充はあやしいかなと思っています。

さて、株主優待はだいたい50名ぐらいの株主さんが来ていました。

主婦のような方も多いように思いました。

最初の業績の説明はスクリーンと女性の声のナレーションで説明がありました。

質疑応答は1名だけ(寂しいなと思いました。)

お土産はかわいい吸水速乾ふんわりマイクロ2Pミニタオルでした。